« 計量はクセになるかも | トップページ | Kzoku 活用術 その5(行動を変えるために何を変えるか?-条件-) »

Kzoku 活用術 その4(運動が続かないワケ)

「強化の原理」は、簡単にいえば、「ある条件で行動をした直後に、良いことが起こるとその行動は増える」ということになります。それで理屈は分かっても、これをどうダイエットに生かせばよいでしょうか。

ダイエットとは、いろいろな行動の積み重ねによって、体重が減少するという、いわば行動の結果になります。ダイエットのための行動といえば、例えば、運動です。

ダイエットを始めようとする時、「よしっ、毎日30分ジョギングするぞ!」、「腹筋50回!」と目標を立てるまでは良いですが、これがなかなか続きません。なぜでしょうか?

前回と同じように、行動の直前、直後を表にしてみましょう。

直前 行動 結果
仕事や家事の後、疲れている 腹筋50回 思ったように動けない
疲れる
体が痛い

運動好きの人にとっては、運動は、汗をかいたり、爽快感、ストレス解消といった望ましい結果につながりますが、多くのそうでない人にとっては、運動は「できればしたくない」ものです。必要性や義務感から運動をしようと思っても、それによって、あまりうれしくはない結果が続くことになります。

「強化の原理」から考えると、どうでしょうか。行動が結果が望ましくはないのでは、その行動は減っていきます(「強化の原理」の反対ですから「弱化の原理」と呼びます)。

「いや、でも運動を続けていれば痩せるじゃない?、良いことだってあるじゃない?」。なるほど、その通りです。しかし、「強化の原理」が難しいのは、良い結果を得るのに時間がかかったり、確実ではない場合には、行動が強化されにくいという点です。

「仕事や家事の後、疲れている」状況で、「テレビを見ながら、ケーキを食べる」という行動だと、「おいしい」、「甘い」、「楽しい」といった望ましい結果が、“確実に”、“すぐに”得られますよね。これでは、勝負になりません。

そして、今夜もテレビを見ながら、ケーキを食べてしまったりするわけです(笑)。

|

« 計量はクセになるかも | トップページ | Kzoku 活用術 その5(行動を変えるために何を変えるか?-条件-) »

Kzoku 使い方情報」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

継続のコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 計量はクセになるかも | トップページ | Kzoku 活用術 その5(行動を変えるために何を変えるか?-条件-) »