« Kzoku 活用術 その11(同じ条件で) | トップページ | Kzoku 活用術 その13(記録をとる) »

Kzoku 活用術 その12(何をするか2)

Kzoku 活用術 その8(何をするか)の続編です。

1. その方法は続けることができるか?
2. 無理のない、小さな行動から始める

という2点のチェックはとても大切なポイントですので、ここでも強調しておきたいと思います。できないこと、続かないことに挑戦しても、ほとんど意味がないので、まずは続けられる、小さなことから取り組むことです。

そして、この時点ではあまり性急な効果を求めない方が良いと思います。
「すぐに効果がほしい」という気持ちはよくわかるのですが、体の仕組みを考えれば、「楽で、すぐに効果がある方法」というのは、(外科手術や水分を絞るなどを除いて)現実的な方法ではありえないことです。甘い言葉には気を付けましょう。

無理のない、小さな行動から始めて、数日から一週間以上続けていれば、始めた時点ほどは苦労を感じなくなってきます。特に、前回書いたように、同じ条件で繰り返すようにしていると、だんだん努力感を感じなくなってきます。

もうひとつは、短期の行動目標を立てていれば、それに近づいているか、達成しているはずです。「もうちょっとだ」、「やったー!」と感じながらと、ただ漠然とコツコツ努力しているのでは雲泥の違いです。前進している感覚、あるいは小さな目標を達成した充実感をもって、続けることができます。

気持ちや体が慣れてきたら、少しだけハードルを上げてみます。レベルは、運動の回数や種目を増やしたり、食事の内容や分量の加減でも良いのです。この時点でも、当然ながら、無理はいけません。“続けられる”程度のレベルアップで良いのです。

少しだけ上げたハードルに合わせて、短期の行動目標も調整しましょう。そして、やってみる。もし、大変なようであれば、レベルを下げても良いのです“続けること”“止めないこと”が大切です。

高い目標、実行が難しい計画を立てても、挫折してしまえば結果はゼロ、またはマイナス(自信喪失とリバウンドしやすい体質になる)になってしまいます。小さく始めても、少しずつレベルアップを行なって積み上げていけば、ダイエットの成果だけでなく、“自信”という大きな財産を手にすることができるのです。

|

« Kzoku 活用術 その11(同じ条件で) | トップページ | Kzoku 活用術 その13(記録をとる) »

Kzoku 使い方情報」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

継続のコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Kzoku 活用術 その11(同じ条件で) | トップページ | Kzoku 活用術 その13(記録をとる) »