« 「やること」設定ガイド -その他- | トップページ | 情報に振り回されないために »

ダイエットは山あり谷あり

ダイエットはある程度は時間がかかるものです。何事もなく、順調に進めばいうことはありませんが、人生というヤツでしょうか。とかく、何かしら傷害となる事件、問題が起こったりするものです。

ダイエットを始めた途端に仕事で外せない会食が続いたり、海外出張続きで食事のコントロールが難しくなったり、いろいろなことがありえますが、極め付けに恐いのは、やはり病気と怪我かと思います。

実は、私もダイエット中とダイエット後に大きな怪我をしました。一回目は、体重が10キロ近く減って、最終目標に近づきつつある時期に足の指の骨折、二回目は落ちた体重をほぼ安定させることができるようになっていた時期に手首の骨折です。

一回目の骨折は、事故です。道を歩いていたら、建設現場から瓦のブロックが降ってきて、右足を直撃。親指の骨がくだけました。右のほお、膝をかすって、足に落ちたので、不幸中の幸いといいますか、20cmも前にいたら“この世にサヨナラ〜”でした。

医療費や慰謝料などは、建設会社の保険から支払われましたが、ダイエットの成果までは補償してくれません(苦笑)。足以外の部分が動かせるようになった時点(数日は痛みで苦しんだ)から、上半身のトレーニングを再開しました。カルシウム食品を一生懸命食べて。根性あったなー、私(笑)。

というか、何か障害があった方がモチベーションが上がる時ってありますよね。障害があるほど、燃え上がる恋のように。

骨折前は12%台に迫っていた体脂肪率が骨折後は15%くらいまで増えてしまいましたが、筋肉量の大きな下半身を動かせない状態では上出来だったと思います。完治に二ヵ月近くかかりましたが、歩けるようになって、数週間で同じレベルに戻ったように記憶しています。

二回目の骨折は、単なるお馬鹿。スケート場でふざけて、こけた時に変な角度で手をついて手首を剥離骨折。困ったことに、手首が使えないと、上半身のトレーニングはほぼ全滅。仕方ないので、今度は、下半身のみのトレーニング。

骨折の程度が軽かったので、一ヵ月かからずに上半身のトレーニングも少しずつ再開。この時は、体重、体脂肪率ともあまり大きな増加は起こさずに済みました。この時点では、すでに Kzoku の構想を始めていたので、「意地でも太れない」というのがモチベーションだったかと思います(笑)。

私の例はちょっと極端ではありますが、何かを始めると、“狙いすました”かのように問題が起こることがあります。問題によっては、一時ダイエットを延期した方が良い時もありますが、「できることをできる範囲で」続けることができれば、大きな自信になります。

ダイエットは、最初から「山あり谷あり」と考えておいて、常にその時点の「できることをできる範囲で」頑張ることができれば良いのではないでしょうか。

|

« 「やること」設定ガイド -その他- | トップページ | 情報に振り回されないために »

ダイエット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

私のダイエット経験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「やること」設定ガイド -その他- | トップページ | 情報に振り回されないために »