« 早食い/よく噛むの差 | トップページ | 朝バナナダイエット提唱者の正体 »

“できる”目標を立てる

昨日、数週間ぶりに週間目標をクリアをして、チアリーディングのアニメーションを見ることができました。あまり広く知らせてはいませんが、Kzoku では、週間目標クリア時にチアリーディングで達成のお祝いしてくれます。あまり広くお知らせしていないのは、意外性があった方が楽しいかなと思うからです(笑)

正直なところ、ここしばらく体調はあまり良くはありません。肩の痛みで睡眠の時間も質も足りていない状態がもう二ヶ月以上続いているので、唐突にふと気分が悪くなって動けなくなってしまう時もあります。一方、全然平気な時間帯もあるので、仕事などはそこでどれだけできるかが勝負という感じですね。

肩の手術予定も近づいてきていますが、それまで筋肉や関節を使わないと萎縮してしまうので、努めて動かしています。元気のある時間であれば、動かす角度や速度に注意すれば、軽いウエイトを扱うこともできるので、筋肉の超回復ぐせを付けて、手術の傷もそのノリで治そうというもくろみです(笑)。実際、プロのスポーツ選手は回復が早いようですので。

そんなわけで、日々、軽い運動のみですが、先週はそこそこ頑張って、週間目標をクリアすることができました。目標の高低は別にして、自分の立てた目標をクリアするのは、うれしいものです。何週間も見ていなかったアニメーションを見た時は、少し感激してしまいました。

そこで痛感したのは、無理な目標を立てて達成できないで苦悩するよりも、簡単過ぎる目標でもクリアして自信をつけながら前進(例:目標を少し高くする)することの大切さです。

とかく、目標を立てる時は自分に厳しい人が多いと思うのですが、「このくらいのことができなくては駄目だ」といきなり難しい目標を立てがちです。

でも、例えば、運動をする時にいきなりハードな運動をすることはできません。笑ってしまうような簡単な運動のつもりでも、イザやってみると、次の日には筋肉痛になったりします(信号の変わり際に走ったら翌日全身筋肉痛でショックを受けたことがあります。苦笑)。無理のないことから、徐々に、一歩ずつ、ということが大切なのです。

目標の設定も同じです。
食事や運動やその他を一気に変えよう思っても、すぐに音を上げてしまうのが落ちです。最初の段階の目標がすぐにダイエットの結果が望めないようなものであっても良いと私は思います。それが当り前にできるようになってから、次の段階に進めば良いのです。

私にもいろいろな制約がある今だからこそ、普段よりもよく見えることがあります。簡単過ぎるように思われる目標であっても、できる目標を立てて、少しだけ頑張ってそれをクリアすれば、やはりうれしいのです。その喜びでまた今週も“できる範囲”の頑張りを続けられそうです。

挫折してしまう場合は、目標や計画に無理があることも多いので、まずは、簡単にできる目標を立てて、それをクリアすると良いと思います。「千里の道も一歩から」ですから。

--
私の ダイエット状況(Kzoku)

|

« 早食い/よく噛むの差 | トップページ | 朝バナナダイエット提唱者の正体 »

ダイエット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早食い/よく噛むの差 | トップページ | 朝バナナダイエット提唱者の正体 »