« 健康のためのダイエット⇔健康でなければできないダイエット | トップページ | “できる”目標を立てる »

早食い/よく噛むの差

プランに「一口30回噛む」を朝、昼、晩に 1 ヤッターで組み込んでから、一週間が過ぎました。
実感としては、やはり食べる量と噛む回数とは、相関関係があるようです。

空腹に任せて、よく噛まずに飲み込んでしまうと、抑えが利かずについつい食べ過ぎてしまいます。そんな時でも、ちょっと辛抱してよく噛んで食べるようにすると、そこそこで満腹感が得られて、食べ過ぎる確率がぐっと減ります。

また、それぞれの場合で満腹感にも差があるように感じます。早食い&大食いの場合は、お腹が張って“膨満感”のような感じです。食べている最中はハッピーでも、食後にこの膨満感に遭遇すると、苦しいというか、決して良い感じではありません。一方、よく噛んで、そこそこの分量で食事が済んだ場合には、膨満感がなく、食後もハッピーな感じです。

単純に比較すれば、後者の方がはるかに快適です。ですので、あわてずに、よく噛んで食べることは、食べ過ぎを防ぐだけではなく、食生活全体をハッピーにしてくれる効果もあるようです(少なくとも私にとっては)。

短所としては、食べた分量自体は多くないので、時間が過ぎればそれなりにお腹が空くことですが、膨満感→飢餓感の場合と違って、空腹になり方もマイルドに感じます。あまり空腹にし過ぎると、どか食いにつながるので、食事の間隔が長くしすぎないことも、ポイントの一つのように思います。

1日3食でこのルールを守れた場合、体重は増えることはほぼありません。運動がままならない状態の私にとっては、食事のコントロールが最重要課題。そのための手段として、よく噛むことはとても大切な点であることがよく分かりました。

1. よく噛むこと。
2. 食事の間隔を空け過ぎないこと。

しばらくは、これを守ることに頑張ってみたいと思います。

--
私の ダイエット状況(Kzoku)

P.S. 最近、ブログの更新が週一ペースになっていますが、こんな事情ですので、ご容赦ください。

|

« 健康のためのダイエット⇔健康でなければできないダイエット | トップページ | “できる”目標を立てる »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

この1と2はとても重要ですね。
ただ、僕は歯の治療中なのでちゃんと噛めませんが…。

最近思うのは、「カロリーゼロ」などとうたったアルコール類やコーラが要注意だということ。
けっこう惑わされますが、ダイエットへの効果はとても疑問。
特に後者はダイエットにはマイナスであることはよく知られています。

投稿: hippo-potamus | 2008年11月17日 (月) 09時49分

hippo-potamus さん、コメントありがとうございます。
運動ができる状態だと、そちらのインパクトが大きくて、現在ほどは「食べ方」の差を感じることができなかったのですが、今はかなりの差を実感しています。

カロリーゼロの飲み物、食べものに含まれている人工甘味料は、いろいろな問題も指摘されているので、習慣的に摂ることは避けたいですね。

投稿: ゆう | 2008年11月17日 (月) 12時25分

祝・KZokuテスト公開1周年!happy01

投稿: たまごろう | 2008年11月20日 (木) 12時00分

たまごろうさん、どうもありがとうございます。
私が、一周年の日を忘れていてはシャレにならないですね(苦笑)。

正式オープン版の開発自体は終わっていますので、コンテンツ集めに奔走している活動に目処が付けば、公開の日程が決められると思います。随分お待たせしてしまっていますが、どうかご期待ください。

投稿: ゆう | 2008年11月20日 (木) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健康のためのダイエット⇔健康でなければできないダイエット | トップページ | “できる”目標を立てる »