« コラム「上手にカラダを使ってボディメイク」をアップしました。 | トップページ | 結婚に向けて20キロ痩せた女性が死亡、「簡単、安全」ダイエットに警告も。 »

「夜食べると太る…本当でした 米グループ、マウスで確認」

「夜食べると太る…本当でした 米グループ、マウスで確認」という記事が掲載されています。


 同じ量を食べても、本来は寝ている夜の時間帯に食べると、昼間に食べるより太ることを、米ノースウエスタン大のチームがマウスの実験で確かめた。食事をとる時間帯がカロリーの摂取と消費とのバランスに大きな役割をはたしていることを示す成果だとしている。国際医学誌オベシティー電子版に発表した。

 チームは生まれてから毎日、12時間は明るく、12時間は暗くした環境で飼い続けているマウスを、明るいときだけエサが食べられるグループと、暗いときだけエサが食べられるグループに分け、高脂肪のエサを与えて6週間観察した。

 すると、摂取カロリー量や運動量にはグループによる差は認められなかったものの、体重は暗いときだけ食べたグループは平均1.48倍も増えたのに対し、明るいときだけ食べたグループは同1.20倍で、統計的な差があった。

 最近の研究で体内時計が体内のエネルギー消費も制御していることが明らかになってきていたが、食事の時間帯と体重増加との関係を直接的に示した研究成果はこれが初めてという。朝食をぬいて夜多く食べる人は太りやすいなどの報告はこれまであったが、食事の時間帯の違いが本当に体重の増加に関係しているのかは、よくわかっていなかった。(本多昭彦)

参考文献:asahi.com(朝日新聞社)


「夜食べると太る」のメカニズム的な裏付けとしては、体内時計(BMAL1)のほかに、交感神経/副交感神経の優位、エネルギー消費などがよく語られているところです。

ただ、メカニズムの解明も必要でしょうが、「どうやって、夜遅く食べずに済むようにするか?」ということの方が、現実にダイエットをしている人たちには切実な問題かと私は思います。

なぜなら、ダイエットに関する問題の多くは、「理屈は分かってる」のに実際には「できない」ことだからです。
例)過食をしない、高カロリーのものを食べない、運動する、早寝早起き...etc

私は研究者、科学者ではないので、メカニズムの解明は専門家に任せますが、「どうすれば継続しやすいのか」という課題について、Kzoku でダイエットをされている方々へのサポートを通じて、研究をしていきたいと思います(島宗先生のお力を借りながらですが)。

|

« コラム「上手にカラダを使ってボディメイク」をアップしました。 | トップページ | 結婚に向けて20キロ痩せた女性が死亡、「簡単、安全」ダイエットに警告も。 »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224293/46173627

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜食べると太る…本当でした 米グループ、マウスで確認」:

« コラム「上手にカラダを使ってボディメイク」をアップしました。 | トップページ | 結婚に向けて20キロ痩せた女性が死亡、「簡単、安全」ダイエットに警告も。 »