ボルダリング

ダイエットを楽しむための舞台設定

前回の記事の日付を見たら、何と昨年の8月3日。更新が滞るにもほどがあるって感じですね(苦笑)。
どうも、すいませんでした。

ダイエットの方は、決して途絶えたりはしていません。現在も、ほぼベストの状態を維持しています。
年末には、一旦、体脂肪率11%台で維持し始めるところまでいったのですが、時期悪く、年末年始が到来。一気に、数字を落としてしまい、今はだいぶ戻したところです。
私のダイエット Kzoku 公開ページ

昨年は、年初から何らかのゲーム性が伴うスポーツを試してみたいと考えていて、夏場にはダイビングに挑戦しようかと考えていたのですが、諸般の事情により、延期に。そのあと、以前からやりたかったのに、右肩の故障と手術などでできなかったボルダリングを始めました。

ところが、始めた見たら面白いこと、面白いこと。すっかりハマってしまい、体力と都合の限り、ボルダリングジムに通う日々を過ごしています。

ちなみに、私が通っているボルダリングジムはこちらです。
クライミングスクール/ジム J&S 新宿

ボルダリングは、フリークライミングの一種ですが、岩を登るだけでなく、最近は各地にインドアのジムがあって、そこで楽しむことができます。傾斜のついた壁にカラフルなホールド(手や足を置く出っ張り)がついた光景は、結構オシャレで、若い女性のファンも増えているようです。

主に手や指の力で登っていくため、体重が重いことは、非常に負担になります。ずっとダイエットに励んできた成果は、ボルダリングを楽しむ上でかなり役立っています。

ここで言いたいことは、「ダイエットを最終目標とせずに、何かの目標を達成するためにダイエットが役立つようにする」ことです。

ダイエットでは、つい目の前の数字ばかりに目が行きがちですが、それよりも、ダイエットの成果がもたらす、望ましい結果を想像しながら、食事の改善や運動に励む方がずっと楽しいことではないでしょうか。

「無理せず」、「楽しく」続けてこそのダイエット。楽しくなるような舞台設定をしてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)