ダイエット

ダイエットを楽しむための舞台設定

前回の記事の日付を見たら、何と昨年の8月3日。更新が滞るにもほどがあるって感じですね(苦笑)。
どうも、すいませんでした。

ダイエットの方は、決して途絶えたりはしていません。現在も、ほぼベストの状態を維持しています。
年末には、一旦、体脂肪率11%台で維持し始めるところまでいったのですが、時期悪く、年末年始が到来。一気に、数字を落としてしまい、今はだいぶ戻したところです。
私のダイエット Kzoku 公開ページ

昨年は、年初から何らかのゲーム性が伴うスポーツを試してみたいと考えていて、夏場にはダイビングに挑戦しようかと考えていたのですが、諸般の事情により、延期に。そのあと、以前からやりたかったのに、右肩の故障と手術などでできなかったボルダリングを始めました。

ところが、始めた見たら面白いこと、面白いこと。すっかりハマってしまい、体力と都合の限り、ボルダリングジムに通う日々を過ごしています。

ちなみに、私が通っているボルダリングジムはこちらです。
クライミングスクール/ジム J&S 新宿

ボルダリングは、フリークライミングの一種ですが、岩を登るだけでなく、最近は各地にインドアのジムがあって、そこで楽しむことができます。傾斜のついた壁にカラフルなホールド(手や足を置く出っ張り)がついた光景は、結構オシャレで、若い女性のファンも増えているようです。

主に手や指の力で登っていくため、体重が重いことは、非常に負担になります。ずっとダイエットに励んできた成果は、ボルダリングを楽しむ上でかなり役立っています。

ここで言いたいことは、「ダイエットを最終目標とせずに、何かの目標を達成するためにダイエットが役立つようにする」ことです。

ダイエットでは、つい目の前の数字ばかりに目が行きがちですが、それよりも、ダイエットの成果がもたらす、望ましい結果を想像しながら、食事の改善や運動に励む方がずっと楽しいことではないでしょうか。

「無理せず」、「楽しく」続けてこそのダイエット。楽しくなるような舞台設定をしてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多忙な時のダイエット

Kzoku での 1000 回更新は、大きな目標だったので、クリアした時点で、正直少し中だるみが来ました(笑)。

少しダイエット、筋トレのペースが落ちてきたいたところに、夏が来て、今年のマイブームはプールです! 近所の市民プールですが、20年以上ぶりに週末ごとにプールに通って、スイミングを楽しんでいます。最初は、水の中でどう動いていいのか分からないような状態だったのですが、だいぶ泳ぐコツを思い出してきました。

実感したのは、筋トレのスタミナがそのままは役立たないことです(苦笑)。もちろん、運動習慣がなければ、もっと簡単にバテテいたでしょうが、筋トレとは使う筋肉が違うため、弱い部分が限界になるともう駄目なのです。

例えば、平泳ぎでは、太ももの内側の筋肉を使います。ここはスクワットやランジなどで鍛えていても、あまり刺激されない部分なので、情けないくらいすぐに疲れてしまいます。情けない感じです。

それでも、慣れはすごいものです。何度も通っているうちに、そうした疲れを感じることなく、距離を泳げるようになってきます(大した距離ではありませんが、汗っ)。結局、「普段使っていない筋肉は弱い」ということですね。

面白いのは、水泳を楽しんで、あまり筋トレをしていないと、今後は筋トレで使う筋力が目に見えて落ちてくるのです。筋力も、スタミナも、柔軟性もと多くを求めると、いろいろな運動やストレッチを行う必要があるということですね。あー、大変です。

旅行に行って、日本旅館の大量お食事攻撃にさらされたこともあって、ここしばらくはプチ・リバウンド状態でしたが、ちょっと持ち直してきているような状況です。
私のダイエット Kzoku 公開ページ

その私が直面しているのは、「お仕事」。
仕事のお陰でオマンマが食べられる、とても、とても大切な要素ですが、中小企業の悲しさ。忙しい時期は「人間やめますか」的な状況になります。現在も、プチパニック状態になっているので、あまり運動時間をとれないのが悩みの種です。

今日も、11時までプログラム開発やお客様との確認メールを書いたりしていて、深夜0時からは海外のあるソフトウェア製品についてのWebセミナーに参加するような感じです。その少しの間に、運動ができればと思ったのですが、ブログ更新でその時間も減ってしまいました(笑)。

ともかくも、仕事あっての生活、健康であってのダイエット。きちんと仕事を済ませて、体を壊さないようにしつつ、じわじわとダイエットも前進できればなと思います。

皆さんも忙しい方が多いと思いますが、めげずに、小さな、小さな一歩で良いので、毎日少しずつ前進していきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1,000回達成!とちょっと写真

999回からめでたく1回更新しまして、1,000回更新を達成できました。
Kzoku システムの特徴のひとつでもある応援イベントによる「1,000回ケーゾク達成!」のアニメーションも踊ってくれて、ちょっとうれしい気分を味わうことができました。

1000cheer

さて、この週末は父の日ということもあって外出などもあって、自分の写真撮りはあまり時間も撮れず、うまく行きませんでした。自分の姿を撮るのって、やはり難しいものですね。

夕方になかば諦めていたところ、Kzoku ユーザでもある方の Twitter ツイートを発見(リンク先はこちら)。「おー、ストレッチ写真ならうちの狭いリビングでも撮れるかも」ということで、挑戦してみました。ストレッチ写真。

まずは、左右開脚の体前屈ストレッチです。画像では分かりにくいですが、胸、腹、アゴも床についています(明かりが十分でない環境で iPhone 撮影なので、少しピンぼけです)。

左右開脚の体前屈ストレッチ

次は、前後開脚ストレッチです。

前後開脚ストレッチ

これまた画像では分かりにくいですが、脚を前後に開いて、股が床についた状態です。恥ずかしいので、顔は下半分のみです(笑)。

私のダイエット運動は、筋トレ、ストレッチが必須種目で、有酸素(ウォーキング、ジョギング、スイミング)はできる日だけ実行するオプション種目です。「筋トレで鍛えた部位は必ずストレッチ」という決まりにしていて、そのおかげで画像のように継続回数とともにかなり柔軟性のある状態になっています。

柔軟性も度が過ぎると、かえって故障の原因になるという話もあって、どこまでやるかは微妙ですが、現在できることを楽にできる程度(現在は少しウォーミングアップが必要)は目指しても良いかなと考えています。いずれにしても、目的はより曲がることではなく、鍛えた筋肉、関節の柔軟性ですが。

場所や道具の制約もあって、直立状態の肉体についてはどんな形で撮れるかまだ分かりませんが、“ちょっこし”勉強してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は 999(スリーナイン)、明日は大台。

最近、Twitter でつぶやいることが多く、ブログの更新間隔が空いてしまいました。

でも、ダイエット(食事と運動)は、引き続きガンバっております(私の Kzoku 公開ページ)。数字的な変化は小さくなりましたが、筋トレ効果か、見た目がだいぶ“スポーツマンっぽく”なったように思います(自分の感覚&好み基準で、笑)。

でも、良いのです。続けるために、モチベーションになることなら何でもOKです。自分の達成感でも良いですし、人に変化に気付いてもらうことだったり、体重計の数字でも、ヤッターモニターのグラフの伸びでも、もちろんOKです。

そして、最近の私の大きな目標(モチベーション源)になっていたのは、Kzoku 上の更新回数 1,000回。Kzoku の更新回数は同じ日に何回更新しても1回しかカウントアップしないので、皆勤であっても3年程度はかかる計算です。

テスト公開以降に登録された方はまだ物理的に不可能な数字ですが、Kzoku を企画して、社内でのレビューや動作検証を始めた時点からの記録になります。それが、本日の更新でついに 999 回になりました。

「明日の記録でついに大台に達成かー」と、思ったら、「999」という数字もとても良いですね。ゾロ目だし、青春時代を思い出す銀河鉄道のようだし(笑)。明日の更新で、この数字も見られなくなるのかと思ったら、少し寂しかったので、画面のショットを撮ってしまいました。

999


えー、そしてですね。1,000回記念に、自分の肉体の状態を写真に撮ってみようと考えています。なんてことはないヘタレですが、もとのデブ状態からすれば大きな、大きな飛躍です。まだまだこれからもがんばるつもりですので、途中経過の記録を残そうかと思います。

上手に撮れれば、ここにアップします。上手に撮れなければ、私のハードディスクの肥やしになります(笑)。自分の写真の撮り方を研究してみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

健康的にダイエットを楽しみましょう

昨夜、「迷惑すぎる!?健康マニア芸能人No.1決定戦」というテーマでイチハチという番組が放送されていましたが、参加された芸能人の方々は「不健康マニア」といった方が良さそうです。

歩きながらおしっこをするという「健康法」(?)に始まり、無糖コーヒーのがぶ飲み、断食後のリバウンド食いなどなど、明らかに健康的にマイナスのことを、面白おかしく取り上げていました。

バラエティ番組ですから、「面白ければそれで良し」ということなのでしょうが、内容的には非常に偏った、問題の多いものでした。番組をご覧になった方も、決してマネをしないようにしてください。不健康になる効果がありますから(苦笑)。

「○○を食べることで痩せる」、「○○を断つことで痩せる」というダイエット方法は、痩せる効果すら科学的、医学的に根拠のないものが圧倒的多数ですし、まして、長期間続けた時の悪影響はまったく検証されていません。

例えば、最近見た Web 上の記事に下記のようなものがあります。

ダイエット好きの妻が妊娠したら要注意!
高齢出産に潜む思わぬ“落とし穴”

「趣味はダイエット」というノリで、年中、偏ったダイエットを始めては止めるという繰り返しを行なうことは、長期的には、健康に重大な問題をもたらす可能性があります。

ついでに、もうひとつ。

生の白菜を食べ過ぎて昏睡状態に、酵素が甲状腺機能を低下させる。

この事故では、食材は白菜ですが、それをキャベツに置き換えても、同じ問題が起こるおそれがあります(白菜とキャベツは同じアブラナ科の植物で、原因になった「ミロシナーゼ」はどちらにも含まれています)。キャベツダイエットは、少し前に流行りましたよね。しかも、医者がそれを提唱していたのですから誰を信じて良いのか分からなくなります。

上記のケースは、どちらも極端な症状が出て、はじめて問題が分かっていますが、それ以前レベルの不調でその原因にすら気付いていない人は相当な数に上る可能性があります。

ダイエットの目的は、普通の人にとって、「健康」と「楽しい生活」のはずです。見た目の手軽さ、簡単さ、目新しさに惑わされないでほしいものです。

ダイエットに限らず、何かを解決しようとしたら、その原因を知って原因に合った対策をとるほかありません。原因はそのまま放っておいて、問題が解消するのであれば、誰も苦労はしません。

結局は、食生活の改善と運動という、じみ〜なお題になってしまいますが、それをいかに楽しくできるようにするのか、続くようにするのかが、大切なことなのではないかと私は思います。この辺については、また機会を改めてということで。

ともかくも、極端なダイエット方法、不健康なダイエット方法にはご注意ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、健診でした

最近、ブログを更新する時間がとれずに、久方ぶりの更新になってしまいました。
が、もちろん、ダイエットも Kzoku の更新も続いています。

すでに体重は目標に達していて、これ以上は減らないのが基本方針です。以前、太っている状態からダイエットしたときは、体重が減っていく喜びにはまり、再現なく体重を減らし続けてしまいましたが、これは健康にとっては、決して良いことではありません。誰にでも、身長、体型からの適正体重というものがあります。

体脂肪率が瞬間最大風速で 7.8% くらいまでいったように記憶していますが、その時は体型のアウトラインがかなり細く、弱々しい感じになっていました。疲れやすくなって、風邪もひきやすくなっていました。健康体重を下回っていたのでしょうね、おそらく。でも、(周囲の心配はよそに)本人だけはハッピーだったりするので注意が必要です。

そんなこともあって、拒食症になる人の気持ちも分かるのですが、「減れば減るほど良い」ものではないので、皆さんには本当に気を付けてほしいところです。

そんな状態から、肩の状態の悪化と手術、原因不明の発熱入院といったトラブルで、2年ほどはシリアスなダイエットは中断、再開したのが昨年の末。今回は、前の経験を生かしたダイエット生活を送っています。

体重は56〜57kg、体脂肪率は12〜13% ですが、数字的には体脂肪率をもう少し下げられないか挑戦中で、見た目的には「ブルースリーの肉体に近づきたい」と懐かしい(笑)目標を立てて、日々奮闘中です。
私のダイエット Kzoku 公開ページ

さて、本題の健診ですが、前にブログで書いたように、昨年の健診では悪玉コレステロールの値が上限値を(かなり)超えてしまっていたので、この一年の目標はそれを下げることでもあったのです。

何ヶ月か前に検査したときは、上限値 +2mg/dl という僅差で目標をクリアできなかったので(実質的に問題ないはずですが)、今回はその敗者復活戦です。血液検査の結果は、2〜3週間待ちですが、当日分かる検査項目はすべて問題なしでした。

結果を待っていると時間が経つのが遅くなるので、結果を楽しみにしつつ、当面忘れておいこうかと思います。

血液検査のように、年に1回、あっても数回しか結果が分からないものと違って、体重の変化はすぐに知ることができます。見た目の肉体の変化も、筋トレの前後(コールド/パンプ)だけでも違いますし、何回か充実したトレーニングができると違いが実感できると思います。

いろいろな指標や基準があって構わないのですが、それを励みに、「継続」の楽しみにするのは良いことだと思います。

実は、私の Kzoku での記録の更新日数が本日で 971 回になって、大台がいよいよ近づいてきました。その時に少しは見れる状態であれば、そして、見せる勇気がわけば、さらに、上手に撮れれば、肉体の写真をアップすることも考えています。それも目標のひとつとして、楽しめればそれも良いかなと。

ちなみに、最近はブログよりも、Twitter でつぶやいていることが多くなっています。よろしかったら、ご覧ください(フォローも歓迎です)。
http://twitter.com/Y_Kinoshita

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低カロリーダイエットはかえって体重を増やす

単純なカロリーカット系のダイエット方法を提供している人には、ショッキングなニュースかもしれませんが、アメリカの医学誌に下記のような研究成果が掲載されました。

低カロリーダイエットはかえって体重を増やす(日本語)
Low-Cal Diets May Make You Gain Weight(英語、原文)

変数が、低カロリー食とカロリー記録という2つだけなので、例えば、低カロリーでも3大栄養素の構成の違いなどは考慮されていないようですが、一般的な傾向としては参考になると思います。

最大のポイントは「摂取カロリーを減らすと、ストレスホルモンであるコルチゾールの産生が増大し、腹部脂肪の増加につながる」点ですね。単純にカロリーが少ないというだけで、削減カロリー×日数という計算式で「○日で○キロ痩せる」と宣伝している商品は、この研究をどう考えるのかを是非聞いてみたい気がします。

面白いのは、「カロリーの記録も女性の感じるストレスを増大させている」点ですね。数年前に一世を風靡した食事記録によるダイエットは、「知らないうちに食べてしまう」人に気付きを与えるきっかけにはなると思いますが、こうした負の面も考える必要があるかもしれません。

それでは、その対策として示されているのは何かというと、

米エール大学(コネティカット州)医学部予防研究センターのDavid L. Katz博士は、概して食事制限そのものはそれほど有用ではないと述べ、「正しく食べ、体を動かすことが大切。栄養価の高い食品を摂れば、少ないカロリーで満足感が得られ、喪失感もない。さらに、運動をすれば減量を加速し、健康を増進するとともにストレスも緩和できる」と助言している。(HealthDay News 4月8日)

基本ですね(笑)。ダイエットとストレスはかなり関係があると私も実感するところですが、食事も運動もいかに楽しむことができるかがポイントだと思います。

私は食事では、野菜、豆類、キノコ、海草、果物を増やして、それから食べ始めることで、自然にご飯、おかずの比率を下げることができました。品数は増えたくらいなので、ごちそう感、満足感はほとんど落ちていません。というより、ダイエット前よりも食事を楽しんでいます。

運動も激しい運動はかえってストレスの原因になります。「まずは、リハビリ」くらい気楽に考えて、笑ってしまうくらい楽なことから、少しずつ、少しずつ、量や内容をレベルアップすれば、「運動は気持ちイイ!」と感じることができます。ダイエット効果だけでなく、仕事や家庭のストレスも発散できて、一石二鳥です。

どんなダイエット方法にしても、痩せてはリバウンドの繰り返しは、何もしなかったよりも健康には悪いので、自分のライフスタイルに合った、無理なくできることを淡々とするのが大切だと思います。「継続は力」です。

自分自身のダイエットは、とても順調です。
私のダイエット Kzoku 公開ページ
もう体重を減らすという目標ではなく、より健康に、より生活を楽しむことの方が重点になっています。そのうち写真をアップできることを目標に、中年の星を目指して、まだまだガンバリます(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「黒豆ダイエット」ですか。。。

昨日(3月29日)に「寿命をのばすワザ百科 30日でやせる4大ダイエットSP」という番組が放送されたようですね。

黒豆ダイエットのほかに、ショウガ寒天ダイエット、肉食健康ダイエット、キャベツダイエット、朝スープカレーダイエットなど、いくつかのダイエット方法が紹介されたようです。番組の概要はこちらのページに紹介されています。

何かをきっかけにダイエットに取り組むことができれば、それはそれで良いので、一概に否定まではしませんが、こうした特殊な取り組みを続けることができる人はどのくらいいるのでしょうか?

番組を見ることができなかったので、具体的な内容には触れませんが、挫折せずにダイエットを続ける最大のポイントは、「できることに取り組む」、「続けられることに取り組む」です。

テレビの映像に惑わされずに、自分にとって自然なライフスタイルのなかでできることに注目することをお勧めします。

ちなみに、私も今夜はたまたま夕食で黒豆の入ったメニューを食べていましたし、この番組で取り上げた素材のそれぞれは良いものです。積極的に食べることは良いことですが、「その成分の効能でダイエットするぞ!」というのは危険な発想ですので、ご注意ください。

食事は、いろいろなものを、美味しく、バランス良く食べるようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット経過報告(2010年3月28日)

昨年12月6日にダイエットの再開を宣言。年末に体調を崩して、一時休止。その後の再開後はほぼ順調にダイエットを継続することができています。再開後、ほぼ90日が過ぎたので、中間報告をしたいと思います。

成果をグラフで見てみます。

W1
1月2日時点では、体重は59.3kg、体脂肪率は16.3%でした。


3月28日時点では、体重は57.0kg、体脂肪率は12.8%になりました。W2


体重でマイナス2.3kg、体脂肪率はマイナス3.5%、ちなみに、BMI値でみると、22→21.1ですので、今回のダイエットは肥満ではなく標準体重のレベルでのものになります。

でも、今回のダイエットで何より気に入っているのは、脂肪を狙い撃ちすることに成功していることです。

こちらもグラフで見てみます。
Kzoku の有償機能で私の一番のお気に入りは、この体脂肪&除脂肪体重グラフです)

Rate1
1月2日時点では、体脂肪は9.7kg、除脂肪体重は49.6kg。


3月28日時点では、体脂肪は7.3kg、除脂肪体重は49.7kg。Rate2


体脂肪はマイナス2.4kg、除脂肪体重はプラス0.1kg。つまり、体脂肪を減らしながら、除脂肪体重は少しですが増えているのです。これは、自分ながら、誇って良い成果かと思います。

体型はダイエット再開前とは別人です。ウエストサイズも細くなり、腹筋も割れています(バキバキではありませんが)。筋トレ効果で、V字に近いアスリート体型になって、鏡の前のポージングという楽しみが増えました(他人には滑稽でも、自分のモチベーションアップにつながれば良いのです。笑)。

残念ながら、今回のダイエットの最大の目的であるコレステロール値の改善はあと一歩ですが、この生活を維持すれば、数ヶ月先の検診では問題なくなると信じています。

最近、何度か「何をしているの?」と聞かれる機会があったのですが、トリッキーなことは何もありません。食生活の改善と運動という王道で、バナナを食べ続けたり、ご飯を抜くようなことはしていません。体調もダイエット前よりも良いです。機会があれば、細かい内容も書きたいと思います。

自分のダイエットなど大したものではありませんが、「継続が大事」、「続かなければどんな方法も意味がない」という Kzoku を作ったメッセージを理解してもらう助けになればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の健康長寿食とダイエット

今日は早く帰宅できたので、食事をしながら「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」を見ていました。

とかく、テレビは間違ったダイエット情報をたれ流す傾向があるので、ダイエットネタのコーナーは冷ややかな目で見ているのですが、この番組のダイエット関係のコーナーは悪くなかったと思います。

特別な成分や食品を取り上げて「これを食べれば良い!」といった切り口ではなく、雑穀米、5色以上の野菜、海藻、いも類、大豆、魚など、様々なものをバランス良く、しっかりと食べることの大切さを訴えていました。

番組後、The Okinawa Way の著者の方の資料を調べたら、食生活だけでなく、気持ちの持ち方や友達との楽しい時間を過ごすことなど、健康長寿には、生活全般にわたる要素がいろいろ関係していると考えられているようです。

少し残念だったのは、「健康的に美しくやせられる夢のダイエット食プロジェクト」というキャッチーなタイトルになってしまったことでしょうか。「夢」というよりは、言い古されてきた「当たり前」のことが多かったですから。でも、最近見たダイエット情報の中ではまあ面白かったです。

私は、先週の血液検査の結果では、今一歩で完全クリアとはいきませんでしたが、食生活はかなり良くなっているので、これを「継続」することを大切にしたいと思います。さらにどうこうしなくても、それだけできっと次回には問題はなくなるはず(と思います)。

以前は、「死ぬほど仕事しても本当に死ぬことはない」と自分を過信していましたが、ここ数年の手術や入院で感じる部分がありました。まだ人生でやりたいと思っていることの 1/3 もやっていないので、今まで以上にエネルギッシュでいられるように、自分を大切にする部分もきちっとしていかなければと自省しています。まだ健康長寿を願うには、早すぎますが(笑)。

私のダイエット Kzoku 公開ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧